現在のドライバーは、ナイキ・コバート2.0にディアマナR70のシャフト。フレックスはS。
現在、売られているドライバーに比べると重い方になるのですが問題なく使えています。

が!

先日、紹介したスピーダー661のシャフトとコバート2.0のヘッドカラーがマッチしていて見た目だけで2.0ツアーを買ってしましました(笑)

早速、練習場へ!
 
コバート2.0ツアーを買った理由の一つ!
VAPORが発売されてせいでコバート2.0系が格安になった。

ツアーは通常の2.0よりも少しだけ高かったのですが今回購入したスピーダー661が入ってるツアーも格安な値段(楽天)で購入できました。

とにかくこのドライバー、見た目がカッコいい!

ヘッドは、伝統的な洋ナシ型。フェイスもディープで誰からも好かれる形をしています。アスリート感プンプン。
フェイス、ソールも通常の2.0と違ってブラック、このドライバーの特徴でもあるキャビティ部分はホワイト(通常の2.0はブラック)

問題なのは・・・

ネットで「コバート2.0ツアー 試打」で検索をすると結構手ごわいドライバーとの口コミ。マーク金井さんによるとリアルロフトと表示ロフトの違いまで解説してくれています。カチャカチャで12.5度に設定してもリアルロフトは10度くらいと・・・

通常のコバート2.0とツアー、両方をもって練習場に行きました。
ツアーのロフト10.5度で打ってみた。

結果は?

・・・

次回に続きます。