ドライバーのシャフトを、GD MT-6からディアマナR70に入れ替えたら自分でも驚くほど球筋が安定していた矢先・・・持病とはやっぱり出るもので・・・(涙)ラウンド中、引っ掛けフックが時として僕を襲います。

この引っ掛けフックなのですが練習場のレッスンプロに指摘されていたことが原因?と言うことで昔使っていたこの練習グッズをゴソゴソと出して練習場に向かいました。
レッスンプロは、よく僕に

「ダウンスイングで右脇がガバガバに開く癖があるね」

と、言っていました。
また、先日一緒にラウンドしたクラチャンの先輩は

「ダウンスイングで手首をこねるな〜」

という指摘。

脇が開く!
手首をこねる!

この二つを矯正するには?

先日、雑誌に掲載されていた藤田プロの練習方法が思い浮かびました。その内容は左脇にヘッドカバーを挟んでの練習。こうすることでフォロスルー時の手首の動きがよ〜く分かるんだとか。

もう一方の右脇は?

いっそ両脇にヘッドカバーを挟めばいい話なんですけどさすがに両脇にヘッドカバーはね〜。ということで昔使っていたこの練習グッズを見つけ出しいざ!練習場へ。

説明書には30ヤードから始めろ!と書いてあったのでウェッジにて練習開始。
スパンッ!
とキレイにボールを拾ってくれます。おまけに

曲がりません・・・。

すげ〜!

スウィングの幅を大きくしていっても曲がらない。そして・・・分かったこと・・・

私、ダウンスイングでそうとう手首をこねてました〜(涙)

これを着けて打つと驚くほど手首をこねません。なのに右にボールは飛びません。理想のリリースをしている証拠なのでしょうか?
クラブを7番アイアンに変えて打っても曲がらない。でも、やっぱり時々フック(汗)
youtubeで見つけた動画です↓



キレイに振ってますね〜。

そして、ドライバー

これを着けてドライバーがこんなにも振れるなんて!驚きです。
これを装着してのドライバーは難しかったんだけどな〜、僕はね。

なんか、次の目標が出来たかも?

このドライバーの動画を見ても分かるようにダウンは下半身から始動してますね。
一日も早くこうなりたいものです。

両腕を固定した姿はかなり滑稽なのですが上達のため!
人目を気にせず頑張ります!